中国人は子供にあまいのか?

メルマガNo589

最近までは一人っ子政策のために、基本的には一つの家庭に一人の子供だけが許されていました。

一人っ子政策は廃止されたとはいえ、一人っ子の家庭はまだまだ多く、親や祖父母の愛と期待を一身に受けています。

大事にされるのは良いことですが、甘やかしすぎることが中国の一つの社会問題となっています。

 

中国は受験戦争時代なので、小学生のうちからとんでもない量の宿題が課されます。

学校の放課後の補習クラスに参加したり、習い事に行ったりと子供たちもとても忙しいです。

なので放課後のファーストフード店はこんな感じです。

 

満員の店内。

私が子供のころは駄菓子を買うことすらちょっとしたイベントで、食べに行くという発想すらありませんでしたが、現代中国の子供たちは違います。

 

課題に取り組む小学生たち。

見たところ2,3年生くらいでしょうか。

すでに勉強漬けの毎日のようです。

 

親も子供に塾や習い事など学校以外の勉強をさせて、買い食いするためのお小遣いをあげて、欲しいおもちゃや携帯を買い与えるとお金がかかります。

そのため中国は両親共働きの家庭が非常に多く、祖父母が面倒を見ているということが良くあります。

そうすると孫に甘いという傾向がより強くなります。

 

子供たちの下校時。荷物はすべて祖父母が代わりに持ってあげています。

祖父母が学校まで送り迎えをして、荷物を持ち、身の回りの世話をします。

一人っ子でわがままな子供に育った子供の事を「小皇帝(小さな皇帝),小公主(小さな姫)」と言います。

 

漢学メルマガ

投稿者: 漢学メルマガ

漢学メルマガは「おもしろくて勉強になる」をコンセプトにした、中国語初級から中級者のためのメールマガジンです。あなたの中国語学習に役立つ情報をお届けしたいと願っています。