中国本屋はこれで利益が出るのか?!

メルマガNo547

スマホとパソコンで活字離れと言われて久しいですが、私の感覚では中国人は意外と本を読む人が多い印象です(もちろん全然読まない人もいますが)。

中国の本屋はビニールなどで中身が読めないようになっている本はほとんどありません。

立ち読みしてても基本的に何も言われません。

だから本屋はいつでも人がたくさんいます。

 

本の量り売り。

一キロを19.8元(約340円)というチリ紙交換のような値段で販売。

 

みなさん勉強熱心です。階段は絶好の読書スペースです。

 

階段がなければ床でも座って読んでいます。

日本だったら10秒で店員さんが注意に来るでしょうね。

 

手持ちのメモに書き写すおじさん。

スマホで本を大量に撮ったり、本を汚したりしなければこれもアリなんですね。

これはもう本屋というより、図書館に近いかもしれません。。。

漢学メルマガ

投稿者: 漢学メルマガ

漢学メルマガは「おもしろくて勉強になる」をコンセプトにした、中国語初級から中級者のためのメールマガジンです。あなたの中国語学習に役立つ情報をお届けしたいと願っています。