流行っているといっても飼うのではなく食用です。

最近よくスーパーで売り出しているのを見かけます。しかも結構買う人がいます。

ザリガニザリガニザリガニ・・・
ピクリとも動かず死んでいるのもけっこういるので吟味が必要です

買う人はこのかごいっぱいになるくらい買います。一匹いくらではなく、重さ当たりの量り売りです。

ザリガニの食べかた指南

ちなみにザリガニは中国語で「小龙虾(シャオロンシャー)」です。「龙虾(ロンシャー)」もしくは「大龙虾(ダーロンシャー)」はロブスターです。

ほかの店でも人気のザリガニコーナー

素手で触ってます。彼らにとっては食材なので、女性でも平気でつかむ人はつかみます。

かごから逃げ出したザリガニを拾う男の子

ブルーのかごがいっぱいでザリガニがこぼれています。30-40匹はいるでしょうか。

このようにややブームになっているザリガニですが、売り場でくたばっているのも多く、鮮度が気になります。