メルマガNo491

世の中には無料の情報があふれています。

このメルマガもその一つです。

今回は無料教材との
付き合い方について触れたいと思います。

「無料で楽々」が成功しないのはなぜか

 

これほど無料教材が簡単に手に入る時代なのに、
なぜ中国語教室はなくならないのでしょうか。

それは無料で楽々中国語が
身に着くということはありえないからです。

無料教材だけで
中国語が話せるようになる人はほぼいません。

 

身につかない一つの要因は、
人は無料で手に入れたものに価値を感じにくいからです。

逆に犠牲を払って手に入れたものは、
損したくないという気持ちが働きます。

お金や時間をかけたものには愛着や執着がついて
「ここでやめたらもったいない」という
気持ちが働き続けることができます。

それがない無料のものに対しては
同じほどの熱意がわいてこないのです。

 

身につかないほかの原因として
無料のものでは効率がよくないことが多いからです。

たとえ良い教材だったとしても
系統立てて学びにくかったり、
難易度にムラがあったりします。

結果として時間がかかってしまう
ということがよくあります。

 

モチベーションが出ない時に挫折しない動機付けとなる

 

中国語学習は一週間や
一か月だけのものではなく長期戦です。

必ずモチベーションが落ちてくる時期があります。

 

無料のものだとどうしても
そのモチベーションが落ちた時期に挫折しがちです。

先ほど述べた惜しいという
気持ちがわいてこないからです。

 

中国語レッスンなど有料の学習法だと
定期性が保ちやすくなります。

なぜなら先生と会って勉強するという
いわば強制力が働くからです。

 

私自身中国語を始めたとき
中日辞書と日中辞書を買いました。

当時はアプリなど便利なものがなかったので
14000円くらいしました。

本棚において「これが無駄にならないようにしなければ」という
気持ちを強くすることができたと思います。

 

どれくらいの犠牲を払うべきか

 

だからと言ってお金をかければかけるほど良い
というつもりはありません。

ある人にはぴったりの勉強法でも、
ほかの人にはいまいち合わないということはあるからです。

またほとんど価値を感じないほど低額でも
効果は薄くなります。

 

「払うことはできるけど小さすぎない金額」が
あなたにとって適度な額といえるでしょう。

お金を使うことであなたの時間が
節約できる方法が良い学習法なのです。

 

有料の学習をメインディッシュにして、
無料教材やサイトやアプリは
副菜やデザートくらいの位置づけにしましょう。

無料を軸にしてしまうと、
かえって時間がかかったり
癖がついてしまったりするかもしれません。