メルマガNo489

花粉症の時期になって
マスクをして通勤通学する人も目立つ時期です。

花粉症の時期以外も
マスクをすることが珍しくない日本ですが、
中国人から見たらどう映るのでしょうか。

中国には花粉症はない?!

 

中国の空気の悪さは日本の比になりませんが
基本的に花粉症はありません。

私自身日本にいるときは
花粉症の気があったのですが、
中国に来てからは全くなくなりました。

逆に中国人が日本に数年生活すると
花粉症を発症する人がいます。

花粉症は日本独特の季節病のようです。

 

そのため中国には花粉対策のために
マスクをするという習慣はありません。

マスクをする目的は
病院などの医療上の理由か、
掃除や風邪の強い日のときのほこりよけのためです。

 

中国人には日本人のマスク好きが理解できない

 

風邪をひいたらマスクをするという習慣も
中国にはほとんどありません。

さすがに伝染病など一部の病気の時にはつけます。

一昔前はマスクをつけていると
病気を持っているのではないかと
勘違いされることもありました。

今ではそこまで誤解を招くことはないにしても、
日本のように皆が皆マスクをしているわけではありません。

 

PM2.5対策としてのマスクは
じわじわと人気が出てきてます。

しかし中国の空気と日本の空気は
質が全く違います。

中国人からしたら日本の空気では、
マスクをつける意味がないと思うはずです。

 

地方差もありますが
私のところではマスクをして出歩く人はほぼいません。

中国人にとってこの時期の日本人が
みなマスクをして出歩いている姿を見て
不思議に感じます。

 

日本人はマスク好き?

 

日本人がマスクをする理由は花粉症対策としてや
自分自身が風邪をひいているためなどのためかもしれませんが、
ほかにもいくつかあるのではないかと思います。

日本でマスク姿が
これほどまでにありふれたものになった理由は、
日本人がほかの人の目を気にする文化
だからかもしれません。

 

化粧を隠すため、
ニキビなどを隠すため、
小顔効果のためなど
見た目を隠すためつける人が少なからずいます。

ほかの国ならマスクをした方が
かえって注目を集めてしまうのですが、
日本はみながマスクを着けているので目立ちません。

 

その他の理由として自分は健康でも
ほかの人からうつされるのを嫌って
予防としてマスクをしている人もいます。

中国でほこりをかぶったコーラを小汚い雑巾で
拭いて渡してくれる店で買い物するような私にとって、
日本はやや潔癖すぎるなと感じます。

実際の病気の予防のためというよりは
精神的な要素が強いかもしれません。

 

そのような文化的な背景の違いから
中国人には日本人のマスクは
やや不思議に、またおもしろく映るのかもしれません。